しゅんびず

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

目標を「達成する人」×「達成しない人」の習慣 [上]     著者:嶋津 良智

 第5巻 [上]

 

f:id:shunmaru12:20200417213020j:plain

はい!しゅんまるです!

 

記念すべきとりあえず「第5巻」という事で、少しづつ進歩していっているのかな?と思っているんですが…まだまだですね。これからゆっくり書き続けていきたいのでよろしくお願いします。

 

今回のこの本に関してはブログ始まって以来の[上][下]に分けてあります

なかなか僕が読んでいくなかで感心するところの多かった本となっていますのでこういった形になりました

 

それではさっそくいきましょう!

 

 

 

 

 

はじめに

 

では要約コーナーですが

 

「目標を達成する人」とは「目標」に向かっていくなかで効率化、仕組み化、時には失敗もするがそれをバネにして追い続けてどんな目標であれ達成する事をあきらめない

 

という事を説いている本ですかね

 

気になる所

 

f:id:shunmaru12:20200216185932j:plain

1.目標を達成する為に必要なことならば気後れせずに会社に提案する姿勢を持つ

 

会社の為になる提案ならば「嫌がるかな?」「嫌われるかな?」など考えるな。プロになれ!という事ですかね

 

この本の著者は会社に入った時の上司がまったく指導してくれなくて業績がふるわなかったのでそれは上司のせいだと思い、会社側に人事異動を提案したそうです。そして見事に優秀な上司の元に付ける事になり業績も上がっていったそうです。

 

 

2.あれこれ考えて自分の行動を制限しない 思い込みを捨てろ

 

相手の都合とは結局は相手にしかわからない。だからどんどん積極的に動けって事ですかね。

 

これはでも下手をすると礼儀知らずと捉えられてしまいそうな文面ですがそれとは違います。礼儀知らずになってはダメだと思います。相手が今忙しそうだから今は聞くのをやめよう。とかではなく忙しいかどうかは相手しかわからない、話す内容の方が相手にとって今している仕事より大事かもしれない。という事だと思います。

 

 

3.自分以外のどんな人間であれ好き嫌いしない

 これは、「他山の石」という話を参考にして説明していました

 

「他山の石」…詩経の中の『他山の石以て玉を攻むべし(たざんのいしをもってたまをおさむべし)』

この言葉の意味は「よその山から出た質の悪い石でも、自分の宝石を磨くのに役立てることができる」ことを表す

 

 

他人のどんな行いや言葉でも自分を向上させるのに役立つという事ですねー

嫌な上司の元で育ったのならば、次は自分が上司になった時には何を部下がされたら嫌なのか?が身に染みてわかっているのでそれをしないようにすればいい。と言った具合に、まぁ反面教師といってもいいでしょうね。

 

4.目標を達成する為には小さな事の1つ1つを積み重ねていく事で目標に近づける 「結果目標」ではなく「行動目標」が大事である

 

目標を出来る限り日々できるものに分解して継続するという事ですねー

 

改善額を今月100万円→1日1個改善していく という風に途方もない目標から日単位に落として考えると継続しやすくなるって感じですねー

 

 まとめると

結果…本人以外の要素が介入する
行動…本人次第でコントロールができる努力の目標

 となります

 

 

5.目標は小さな目標を立てる

 

これなら達成できるという所から始める

だそうです。

 

ちなみに、

人は21日間同じ行動を続けると習慣化する確率が高まると言われている

らしいです

 

 

6.「何の為に」それをするのかを考える

 

目標ではなく目的を明確にする為にだそうです

 

目標…海外で仕事をする

目的…自分の得意な英語を使って活躍する為

という感じになるんですかねー。

 

これはコミュニケーションでも同様の事だと思います。

「この資料作っとけよ」と言われてもあまり能動的には動けませんよね?

「この資料はこの会社の実績報告に使われるし、全社展開されるものだから数字の裏付けもしっかりしてから取り組んでくれ!期待してるぞ。」と言われたらめっちゃ頑張れるし、大きい仕事なんだ!しっかりしないと!って思いますよね!

 

 コミュニケーションに関連する記事はこちら↓

 

www.shunmaru12.me

 

 

 

7.危機管理を計画に盛り込む

 

 

リスク管理という言葉が最近すごく聞きますよねー

「イエローライン戦略」

というのを著者は推薦しています。

これは

目標を立てる時に「この時点」でここまでいかなかったら黄色信号という線を引いておく

 

と言った管理の仕方だそうです。

これによって軌道修正がかなりスムーズにできるらしいです。

 

僕の場合はどんな仕事の計画を立てるにしても

「予備日」

を設定しています

 

これによって

もしここまでにできなかったらすぐに軌道修正して

「みんなで取り掛かるぞっ!」

という事ができますよね

 

もし基準を作ってなかったら、あわててバタバタしながら仕事を並行して

しなければならなくなります

 

そうならない為にもこの

「イエローライン戦略」

してみてください

 

 

8.目標を達成したいなら積極的に情報発信する

 

 

情報は発信しないと集まってこない、アウトプットしていると思いもしないところから情報が集まってくるんだそうです。

 

アウトプットの重要性は詳しくこちらに載ってます↓

 

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

 

9.あえて消化不良にして終える

 

モヤモヤした状態で終わる事により次にしかかる時に頭に残っているのでスムーズに入れるといった事です

 

「ツァイガルニク効果」というのを使っています

 

「ツァイガルニク効果」

ドラマの次回予告がいいところで終わったりするとものすごく気になる

 

といった事がその効果らしいです。

 

これはブログやSNSにでも使える戦略ですよね!

 

「この戦略はこんなメリットがあります!!

もしこの戦略を使えば○○%の利益向上ができます!!

使い方を見たいなら

ここをクリックしてください⇓」

 

 

みたいなね!

 

ブログ、SNSに使える記事はこちら↓

 

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

 

10.行動をゼロにするのではなく少しでもいいから続ける

 

 

1時間勉強することをノルマとしていたがどうしても気分がノらない時などは1問でもいいから解く!絶対に継続はやめないという事らしいです。

 

継続は力なり

 

成功している方は必ず何かしら継続しています

 

勉強なのか、習慣なのか…

 

成功している方は会社員の方よりも

絶対的に時間がありません

 

でもなんで勉強ができるのか?

 

それはスキマ時間でコツコツと継続しているからだと思います

 

15分の移動時間をいかにして過ごすか?

1時間の休憩時間をいかにして過ごすか?

 

これなんですよね

 

15分で何ができるんだと言って何もしない人と

15分全力でツールを使って勉強する人とでは

 

1年後の伸び率が全然違うと思います

 

1日15分

1ヵ月15分×30日=450分 7時間30分

1年 7.5H×12ヵ月=90時間

 

これだけの時間を勉強に費やせるわけです

 

本当に小さな時間を継続することの大切さがわかると思います

 

これだけ言ってもできる人は大体

5%くらいの人だと言われています

 

95%の方に入るか、5%に入るかはあなたの継続次第です

 

 

11.優先順位をつけて行動する

 

 

この本では4つ優先順位をつけ、それの重要性については3つに分けられると説いておられます。

 

f:id:shunmaru12:20200216185209p:plain

 

といった感じですかね。ここまでするのかどうかはさて置き、優先順位は必ず付けた方がいいと個人的にも思います。

でないと仕事というのは終わりがないからです

仕事はどんな事でも仕事なのでつまらない仕事、関係のなさそうな仕事、を省く作業をしないと自分で抱え込んで自爆する事になります。

 

 

という事で今回は長くなりそうなのでこの辺で[上]の終わりとしまーす!

 

これだけでもかなり共感というか、仕事に対してのスキルや心構えで学ぶべき事が多かったんじゃないでしょうか?

 

さらに続くので[下]もよろしくお願いします。

 

それではしゅんまるでした✨

 

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村