しゅんびず

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

学びを結果に変える アウトプット大全 [上] 著者:樺沢 紫苑

第8巻 [上]

 

はいーっどうもどうも。しゅんまるです

 

私事ですが、はやくもこのブログが10記事を突破いたしました!

ありがとうございます!

 

もっと多くの方に読んでいただいて、参考になってもらえればいいなぁと思います

よろしくお願いします

 

さて、今回ですが

この有名な本、昨年2019年大ヒットしました「アウトプット大全」をレビューしていきたいと思います

 

なぜこの本に行きついたかと申しますと

僕はアウトプットが大事だという事は本を読んでいて非常によくわかったのですが

じゃあ例えばアウトプットするやり方について書いてある本はないのかなぁと思って、何気なく本屋を見回していたところこの本が目に入りました

 

なので「インプット大全」の方はまだ買っていません…

もしインプットの大切さに気づいた時は買ってレビューさせて頂こうと思っています…

 

 

はじめに

ではさっそく要約ですが

アウトプットにもいろいろあり、そのアウトプットの仕方と効果を知ってもらって効率的なアウトプットをして能力を最大化していく

といったところでしょうか

 

まぁまぁページ数も多く、内容も濃い為絞るのが難しかったのですが僕が今回欲しかった、「アウトプットの仕方」に注目しているので他のいろんなアウトプットが知りたければ是非本を購入してみてください

 

気になった点

f:id:shunmaru12:20200303223010j:plain

さっそくいきましょう

CHAPTER1.アウトプットの基本法則

 

成長したければ「インプット」よりも「アウトプット」をしよう?!

2週間で3回以上アウトプットすると長期記憶としてのこりやすくなるんだそうです

 

これは「エビングハウスの忘却線」でも紹介したとおりの事ですね

定着には何度も継続、反復していかいないとダメだという事ですね

 

紹介した過去記事はこちら↓

 

www.shunmaru12.me

 

インプットとアウトプットの黄金比率は3:7だといわれています

この比率は時間の割合と考えてください 3時間教科書を読みこんだら、7時間は問題集を解きまくりましょうってことですね

僕は今のところ5:5くらいの割合になってしまっています…なかなか難しいですね

どうしても本を読む方が楽しいのでそちらに時間を使ってしまいがちになります

 

フィードバックを行い原因追及せよ?!

インプットしたあとのアウトプットに対してフィードバック修正をしてまた次のインプットにつなげるといったことらしいです

アウトプットに対してというのは話す事や、行動する事、僕のレビューみたいなことに対してもってことですね

例えば、レビューのアウトプットしていて、ここをもっと協調できればよかった、とかここを簡単に説明できるように読まないとダメだ、など課題を修正して次のレビューの時に

あっ前回の事もあるしここは使えそうだから少し詳しく読んでおこう

という風につなげていく事ですかね

 

CHAPTER2.科学に裏付けされた伝わる話し方

「感想」を話して記憶の定着と脳の活性化をしよう?!

このコツは

昨日見た記事の中でコロナウィルスはアルコール消毒が効くらしいよー!?でもそれって本当の事なのかなぁ?

 

など、事実(昨日見た記事の中でコロナウィルスはアルコール消毒が効く)に対して自分の感想(でもそれって本当の事なのかなぁ?)を付け加えることによりさらに記憶の定着に結びつくんだそうです

 

そしてできるのであれば「説明」できるようにするとなおよりアウトプットとして効果があるんだそうです!

説明するという事は最高のアウトプットのトレーニングであり脳のトレーニングである

 

そして反対にやってはいけない事は

悪口は言ってはいけない という事らしいです

悪口は一見印象に残りやすいみたいですがそんなことはなくむしろ、ストレスが増えるんだそうです 認知症などの病気になるリスクが3倍になるんだそうです…

 

ストレスを溜めない為には?!

ストレスを溜めるという事は自分の意思とは違う事を強いられるということがストレスの原因になりますよね?

ずばり本当にやりたいことをする為に「断る」事をしましょう

きちんと断ることでいいことがいっぱいあるといいます

自分のやりたくない仕事をやる必要がなくなったり

断ることによって意志のあるしっかりした人間という風に認識されたりするんだそうです

だからきちんと断りましょう!

 

あとは「相談する」ということも載っていました

僕は相談する事に対してはあまり意味がないと思っていました

なぜなら原因を取り除くことによってのみ心が晴れるものだと思っていたからです

しかし、人間というのはそこまで単純なものでもないようで

人に話を聞いてもらえるだけでもストレスは軽減されるんだそうです

なのでもし友人や親しい人が曇った顔をしていたら話を聞いてあげるだけでもいい顔に変わってくれるかもしれませんね

 

ストレスに関連する記事はこちら↓

 

 

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

 

 

CHAPTER3.能力を最大限に引き出す書き方

落書きは記憶力を高める?!

落書きをしないよりした人の方が記憶力が29%もupしたんだそうです

資料を作成するときはいきなりPCにアウトプットするより、まず白紙に落書きをしながら考えた方がアイデアが浮かびやすいみたいです

 

単純にスピードを速くする?!

効率化の話ですね

たとえばインプットからアウトプットまで60分かかっているのを速くしようと思ったらPCの入力を速くすれば時間短縮できますよね?

「単語登録」PCの機能にはという機能があります

単語登録
「あう」と入力し、変換を押すだけで「アウトプット」と変換されるようになる機能

 

 

ほんの少しかもしれませんがこれが、ちりも積もれば10分…20分という数字になるかもしれません

効率化も小さく改善していけば大きな成果に現れるかもしれませんね

 

はい、という事で、またまたまとめる事が苦手なしゅんまるのせいで2部作になってしまいました

申し訳ないです。。。

 

でも僕が気になったことが多いという事は悪い事ではないと思っているのでそこはみなさんにいい情報を与えられていると信じて頑張ります

 

ではまた[下]でお会いしましょう!!

 

しゅんまるでした

 

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村