しゅんびず

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

僕が「HSPの教科書」から学んだ事 著者:上戸 えりな

 

 

どうも、おはこんばんにちは! しゅんまるです✨ 最近話題になっている 「HSP」について、みなさんは聞いたことありますか?

 

 

 

TVにも紹介されていました

kazuyalife.com

 

これを見た時にまず最初に

 

「あれ?これ俺かもな…?」

 

 

と思いました

 

みなさんにも多少なりとも思い当たる節があるとは思うんですが

あまりにも項目が当てはまるので気になっていました

 

数日後…

 

ふと本屋に入った時に

「そーいえば…」と思って見つけたのが

 

「HSPの教科書」でした

この記事を読んで

 

・もしかしたら俺も、私も…?

・職場のあいつはもしかして…?

 

なんて思っている方には

対処方などが載っているので、これを読むことによって

 

メリット

自分や周りのHSP気質な方への対応の仕方を学べる

今までの不安を取り除ける

自分を許す事ができるようになる

仕事やプライベートで心が軽くなり充実する

 

 

ようになります!

 

是非学んでみてください

 

 

 

 

この本を読んで得られること

得られること

 

第1章・HSPってなぁに?

 

この章では主に「HSP」という気質の説明をしています

特徴やメリット、デメリットがあること

また、自分がどんな気質に当てはまるか?などのチェックリストがあるので

ここで診断できるようになっています✨

 

第2章・HSP気質との向き合い方

 

この章では特徴の具体的な例と、その対処の仕方が載っています

主にネガティブな方へ考えてしまう事に対しての対処の仕方が具体的に書いてありました✨

 

第3章・HSPと日々の生活のヒント

 

この章では日々の生活の中でHSP気質ゆえの苦労に対しての具体例が載っていました

特に印象的だったのが

「自分を認めてあげる事」これが最大のヒントになることですかね!

 

第4章・HSPと人間関係

 

この章ではいろんなシュチュエーションでの人間関係の付き合い方について載っています

具体例を挙げて、それに対しての対処も載っています

ここが一番悩んでいる方が多いところなんではないでしょうか?

必見です✨

 

第5章・自分を好きになり、大切にする方法

 

この章では「自分を知るという事の重要さ」について載っています

「知り方」についてここでもチェックリストが載っていていっしょに考えられるようになっています

 

第6章・HSPと恋愛、結婚

 

この章では恋愛相手や結婚相手に対してどう接するか?

どう接してもらうか?の具体例が載っています

 

第7章・子育てとのかかわり方

 

この章では妊娠から子育てまでの過程でHSP特有の悩み

HSPであることによっていいことなどが載っていました

印象的だったのは「育児に向いている」という事でしたね✨

 

周りの人への対応の仕方が学べる!

 

HSP



少し個人的な話をします

 

結果的には僕は

「HSPっぽい!」というところがわかりました

 

むしろ、

「ボク」というよりも「周りにいるHSPの方」に向けての考え方が知れたなぁと思います

 

例えば

「頼まれた時にHSPの方は断ることが怖くてなんでもOKしてしまう」

という事が載っていたんですが

(これは僕もその気があるんですが💦)

 

「きっとこの人もそうなんだろうな」

とこの本で知ったら

 

なんでもかんでもこの人に仕事を振るのはやめよう

 

とか、

 

そういう悩みを相談されたときにアドバイスができるなぁ

 

と思いました

 

HSPな方との付き合い方

「人間関係」の付き合い方で悩まれる人がやはり多いんじゃないかと思うので

 

例えば、

「自分の容量を知る事で、他人にも優しくできる」

といった項目では

 

「自分はどんな人間か?」を考えてみたことがなかったのですごくタメになりました

 

ちなみに僕は

ストレスがたまると、「胃が痛くなる」、「頭痛がする」、「口内炎ができる」

ということを知っておけば

 

「あ、最近知らず知らずのうちにストレスたまってたんだなぁ…」

 

早い段階で自分を分析できるようになり

息抜きをする事ができるようになります

 

もし、部下を持っている管理者の方であるならば

 

あいつはHSPっぽいところがあるな…

 

と思ったら、この本を読んでいれば

 

「あ、今は敏感になっているからもう少しあとから話そう」とか

「さっき習ったあそこが特に気なっていたな…あとでゆっくり話を聞いてあげよう」

 

などと、その人に対して優しくなれますね✨

 

 

「HSPの教科書」の良いところ✨

 

教科書



文章面

この著者の「上戸 えりな」さんがHSP気質だとおっしゃられているとおり

非常に配慮された文章、穏やかな文章で書かれてあって

「HSP」なのかもしれないと手に取った読者の方には落ち着いて読める

優しい文章になっています

 

具体例

HSPならではの悩みがすごく具体的にちりばめられていて

とても共感できるところが多かった

具体例もたくさん載っていて、読者が経験していそうなこともたくさん載っていたりと

それに対しての対処例もすごく具体的に載っていてわかりやすかった

 

診断チェックリスト

HSPのチェックリストの項目があって、自分自身を序盤で診断できるようになっていてそこから「自分はこうなんだ」と、理解して読み進められるように配慮されているので安心できました

 

 

まとめ

 

 

Good

・「HSP」ということを解説している

・具体的な例を出して対処法も載っている

・7つの章に分けてそれぞれに的確な事が載っていた

・タイトルにふさわしい本である

 

Bad

・対処や対策が的確なところもあるが

「結局これはどうすればいいのか?」

といったところもあった

 

 

 

以上の点から、この「HSPの教科書」という本は

 

80点!!

 

をつけさせてもらいました

 

 

 

この本の中に

「自己肯定感」の高さを保つ

とあります

 

結局

「人は人、自分は自分」という考え方が自己肯定感を高く保つための

一番の考え方なんだと書いてありました 

 

最近、この自己肯定感が低い後輩が多いように感じます

 

年代ということもあるんでしょうが、これからも新しく入社してくる人も

そういったことが充分に考えられるので

この本を読んで気持ちを理解していかないと

 

時代遅れの大人

 

になってしまい、部下が付いてこないどころか

自分が入った時に居た、いわゆる

 

「嫌な上司」

 

になってしまうなぁとしみじみ思いました

 

 自己肯定感の記事はこちら↓

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

 

ちなみに

僕は最近になって本を読むようになりました

 

本を持って、触れて、ページをめくる

この手触りが僕は本当に大好きです

電子書籍ではなく、本で読んでいるのもそれが理由です

 

しかし、本のデメリットが1つだけあります

「ながら」読書ができないことですね

まぁ真剣に読むなら「ながら」するなよ!

ってところなんですが、

 

それをかなえてくれたのがこちらの「audible」です

僕は車通勤なんですが、通勤時間に40分かかっているので何か学習につなげたいな

と思っていたところに、この「audible」の存在を見つけました

 

これのいいところは車に「Bluetooth」で飛ばして聴けて、何万文字という本の内容を

「聴ける」というところです

 

声に出して読んでくれるので非常に頭に入りやすく、音読してくれる方も声優さんということで滑舌も完璧で「スッ」となじんで聴けます

 

「本は途中で飽きて読まなくなるんだよなぁ…」と思っている方も

「最近ちょっと本でも読んでみるかな」と思っていた人も

朗報です!!

 

しかも今なら、「無料」で聴けます!!

登録さえしてしまえば、1冊タダで聴けるので試しに聴いてみて、

「あぁやっぱりやめとこうかな…」と思ったら解約すればいいだけです

 

ぜひこの機会を逃さずに聴いてみてください!!

僕は通勤時にお気に入りの本を「ながら」聴きしています

 

 

では、またお会いしましょう!

しゅんまるでした!!

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村