shunmaru’s diary

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

もしも僕が、「ひと言で気持ちをとらえて、離さない キャッチコピーの基本」を学んだら

f:id:shunmaru12:20200426114349j:plain

根本的な才能とは、自分に何かができると信じる事だ

ージョン・レノンー

 

f:id:shunmaru12:20200417213020j:plain

どうも!しゅん丸です!!

 

今回は

「ひと言で気持ちをとらえて、離さない キャッチコピーの基本」

第3回目ですね

 

 

第1回 「キャッチコピーの力の基本」の基本3箇条

https://www.shunmaru12.me/entry/2020/04/24/220000


第2回 「言い切り力」 

https://www.shunmaru12.me/entry/2020/04/25/220000

 

ときまして、どうでしょうか?

あなたの日常で、仕事で、ブログで使えそうなワードはありましたでしょうか?

 

もし、このブログを読んで

「使えそうだなぁ…」と思ってくれた人はぜひ購入してみてください

反対に、「ん~、微妙だなぁ…」と思った人がいたならそれは本のせいではなく

 

僕の伝達能力不足です

 

この本を読んで「キャッチコピー力」を鍛えますww

つまりこの本の売り上げが上がったら、僕のおかげ…

やめときましょう。

 

それではいってみよーう!ww

 

 「読み手に考えさせる」

問いかけてみる

人間は問いかけられると「自然と答えを探してしまう」という習性があるらしいです

これを利用してキャッチコピーを探してみると

俗にいう「刺さる」キャッチコピーとなりますね

 

「なぜ、あなたの会社は働きがいがないか?」

 

どうですか?グサッと来た方は、そう思っているってことですよね~ww

僕はこの言葉にグサッときました

そしてこう思いました

「この記事を見たらどうなるんだろう?」と。

こんな気持ちにさせたら勝ちですね

僕のブログもこういった気持ちにさせて読んでほしいです!!

 

Point

問いかけられる受けての立場になって発信する

 

 

 

大きく提案する

これはつまり「大げさなくらいに」ということです

単純に「んっ?!」と興味を一瞬で惹きつけられるキャッチコピーですね!

 

「このまま薄暗い、小さな会社で一生を過ごすつもりか、一緒に世界を変えてみないか?」

 

こんな事言われたら、ついていきたくなりませんか?

明るい未来が待っているみたいでワクワクしませんか?それほどまでに大きな世界を見させる事は効果的なんですね

(ちょっと考えてしまいますが…w)

 

Point

目の前の利益ではなく「世界」など大きな世界を意識する

あまりにも支離滅裂すぎると相手にされない可能性も有

 

 

好奇心をくすぐる

「答えを知りたい!」「試してみたい!!」という気にさせるテクニックです

俗にいう「CMまたぎ」と言われる手法ですね

 

「このあと、意外な人が!あの○○について告白!!?」

 

これはもうかなりみなさん見慣れてしまったキャッチフレーズなんではないでしょうか?

にもかかわらず、いまだに使われ続けているという事は人間の習性上、無視できないようになっているフレーズなんじゃないでしょうか?

 

Point

肝心な情報をわざと伏せて、好奇心を持たせる

 

共感を得られるようにする

前述の「つぶやく」も共感を得ていることなんですが、さらに発展させて「受け手が思っているであろう気持ちをストレートに書く」ということがさらに強めます

素直に気持ちを伝えることですね

文章もなにも考えずに、みんなが思っていることを素直に代弁する

 

「iphoneの○○ってどうつかうの~?!!」

 

またここからいろんなことにつなげていける可能性もあるんじゃないかと思います

 

Point

自分の気持ちをストレートな文章にする

 

 

 

あえて長くすることで意味を強調する

一般的にはタイトルは「短いほうがいい」と言われているそうですが、わざと長くして内容をある程度言い表すことが出来る手法です

 

「ここを抑えれば、○○のやり方がわかり、ワクワクが湧いて、行動力が100倍になる方法 5つの法則」

 

結構最近見かけますよね?

僕もこんな本のタイトルに目が行きがちですww

 

Point

「ある程度」の内容を少しだけ具体的に書く

 

 

 

ターゲットを絞る

ターゲットを絞って対象の人に呼び掛け、自分事だと思わせる手法です

よくあるのが、「特定の年代に呼び掛ける」手法です

 

「30歳からのドモホル○ンリン○ル」

「30代を無駄に生きるな」


 

 

など、最近の書籍のタイトルにもなっているくらい使われていますね

 

その他にも「ターゲットを絞っているようで絞っていない」手法があり

 

「30代男性」

   ⇩

「これからバスケットを始める、お父さん世代の30代に向けた教則本」

 

のように「30代男性」と絞ったんですが、その中でもまだ遅くないと思っている人に向けて発信する術です

少し難しいですね💦

でも、実際そういった方が多いのではないでしょうか?

始めたいけど、「もう遅いよなぁ」と思っている方はこの本を見て

自分の事だ!!

と共感してくれるんだと思います

 

Point

具体的に特定のシチュエーションに絞って発信する

 

 

 

 

正直に伝える

マイナス部分は正直に伝えた方が逆に信用してもらえるという手法です

本質的な優れたところだけでなく、その他の部分は正直に伝えることで嘘がないイメージを持ってもらえるようになる

 

「見た目は不細工、でも味は抜群においしいキュウリ!!」

 

姿はどうでもいいから、味を見てくれ!!といわんばかりのキャッチフレーズです

飾りつけなどに使うのであれば無理なんでしょうが…ww

 

Point

弱点を正直に伝える そのあとに商品や、提案が弱点を上回るメリットがあることを強調させる

 

 

 

親身に語りかける

受け手にとって「これは自分に向けて話しかけられているんだな」と思わせる手法です

「セールスレター」「店頭の看板」などによく使われているみたいです

 

「最近、おなか回り、気なっていませんか?」

 

これ、よく15時頃に見かけませんか?ww

語りかけのフレーズは、受け手が気にしていることや悩んでいることと合致すればするほど効果的になるんだそうです

 

Point

語りかける対象の気にしている、悩んでいることに寄り添う 

タイミングも重要である

 

 

クイズ形式にして問題を出す

「答えが知りたくて、続きが気になる」という人間の習性を利用した手法です

ブログやメルマガのタイトルにすると効果的で、ついつい答えが気になって開けてしまったりするんだそうですよ!

 

「かっこいい男性」と「身だしなみの整っている男性」

どちらがモテると思いますか?

答えはコチラまで→ URL

 

「えっ…そりゃあ…。どっちだろ?」

ってなりません?!常識で行けばAだろうけど、実はBなの?!どっち!?

という風に答えを導きにいくパターンですね

僕もこれよくありますwww

 

Point

読み手に考えさせるようなクイズを提案する

 

 

 

「変わらなきゃ!」と思わせる

今のままでは「未来は暗い」と気づくと人間はそれを「なんとかしなくちゃ!」「変わらななくちゃ!」と思う習性を利用した手法です

 

「このままその会社で働いていて、あなたは幸せですか?」

 

恐ろしいキャッチフレーズですが、みなさんもどこかで聞いたことあるかと思います

これを見て「なんとかしなきゃ!」と思う人は多いと思います

そういう人が多いから、みんな見たことがある方が多いんだと思います

 

Point

「未来は暗い」と思わせるフレーズを発信する

やりすぎると逆効果

 

 

 

まとめ

 

どうでしょうか?

今紹介した手法はほんの一部ですのでもっと使えるテクニックやブログ、Twitterなどで情報を発信している方は参考にすると○○になれるかもしれませんよ~www

 

まとめ

問いかけてみる…問いかけられる受けての立場になって発信する

 

大きく提案する…目の前の利益ではなく「世界」など大きな世界を意識する

 

好奇心をくすぐる…自分の気持ちをストレートな文章にする

 

あえて長くすることで意味を強調する…「ある程度」の内容を少しだけ具体的に書く

 

ターゲットを絞る…具体的に特定のシチュエーションに絞って発信する

 

正直に伝える…弱点を正直に伝える

 

親身に語りかける…語りかける対象の気にしている、悩んでいることに寄り添う 

 

クイズ形式にして問題を出す…読み手に考えさせるようなクイズを提案する

 

「変わらなきゃ!」と思わせる…「未来は暗い」と思わせるフレーズを発信する

 

ちなみに

僕は最近になって本を読むようになりました

 

本を持って、触れて、ページをめくる

この手触りが僕は本当に大好きです

電子書籍ではなく、本で読んでいるのもそれが理由です

 

しかし、本のデメリットが1つだけあります

「ながら」読書ができないことですね

まぁ真剣に読むなら「ながら」するなよ!

ってところなんですが、

 

それをかなえてくれたのがこちらの「audible」です

僕は車通勤なんですが、通勤時間に40分かかっているので何か学習につなげたいな

と思っていたところに、この「audible」の存在を見つけました

 

これのいいところは車に「Bluetooth」で飛ばして聴けて、何万文字という本の内容を

「聴ける」というところです

 

声に出して読んでくれるので非常に頭に入りやすく、音読してくれる方も声優さんということで滑舌も完璧で「スッ」となじんで聴けます

 

「本は途中で飽きて読まなくなるんだよなぁ…」と思っている方も

「最近ちょっと本でも読んでみるかな」と思っていた人も

朗報です!!

 

しかも今なら、「無料」で聴けます!!

登録さえしてしまえば、1冊タダで聴けるので試しに聴いてみて、

「あぁやっぱりやめとこうかな…」と思ったら解約すればいいだけです

 

ぜひこの機会を逃さずに聴いてみてください!!

僕は通勤時にお気に入りの本を「ながら」聴きしています

 

 

では、またお会いしましょう!

しゅんまるでした!!

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村