しゅんびず

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

コンテンツビジネスの謎、「コンテンツを売る」ってどういうこと?

 

f:id:shunmaru12:20200504212002j:plain

 

なんか最近、「ネットで自動で稼げる!」みたいなタイトル決まり文句多いんだけど…これ本当なの?あきらかに怪しいでしょ~?

 

そうですね、でもちゃんとすれば可能みたいですあ、ちなみに怪しいものもあるらしいです…どうも、しゅんまるです

 

最近副業を推進する会社も増えてきて、その中でもネットビジネスを始めようとしている方が多いみたいですね
 
それでネットビジネスを検索してみると「副業 稼ぐ」とか「1日30万稼げる!」とか怪しいけれど、そそられるタイトルが並んでいます
 
その中に「コンテンツビジネス」という言葉が出てくるんですが、しらべども、しらべどもなかなかその実態がでてこないんですね…
 
そこで今回は、「コンテンツビジネス」について勉強してみましょう
 
この記事を読むと、
 
メリット

◎「コンテンツビジネス」とは何か?がわかる

◎具体的な稼ぐ仕組みがわかる

◎稼げる理由がわかる

 

 ようになれます!

 

怪しいビジネスならやめておこうかな…と思っていたあなた!!

それはこの記事を見てから決めてみてはどうですか?

 

 

 そもそも「コンテンツ」って何?

 

コンテンツ…コンテンツとは、直訳すれば「内容」や「中身」という意味。

しかし、最近Webサイトで使われている意味としてはただ単に内容を指すだけではなく具体的な「情報の中身」を表し、そこに含まれる情報が重要視されている傾向にあります。

 

 という意味があるみたいです

 

最近ではネット上のコンテンツとして使われている方が多いかと思います

例えば、「youtube」、「Kindle」、「Netflix」など

「動画」、「本」、「映画」などデータをネット上で見られる

 

この「コンテンツ」を売ることですね

 

「でも、それって大企業とかがやることなんじゃないの!?」

って思いませんでした?

 

そうですね、著作権の問題もありますし「映画」などのコンテンツを売ろうとすると「違法」になります

 

なので「コンテンツビジネス」において売るのは

 

「情報」です

 

「情報」を売るってどういうこと?

 

今や、「検索ツール」も増えてきてみんなが情報を簡単に手に入れられる時代になっています

そこで手に入れられない、いわゆる「ニッチな情報」をほしい人も増えてきたのです

 

なので僕たちが売る情報は「ものすごくせまい範囲の人にとって有益な情報」を売るのです

 

具体的な「稼ぐ仕組み」

 

なるほど、「情報」というのは売れるのか!!

って事がわかったところで、でもどうやって??

 

というところでしょうねww

 

ではここでは、具体的に「稼げる」と言われている「仕組み」について勉強しましょう

 

「仕組み」を「自動化」する

「ニッチな情報」を「コンテンツ」にする必要があります

すなわち「情報」をまとめてプレゼントできる「箱」にいれるんですね

 

それは「note」とか「Brain」といった「ウェブサービス」にするんです

 

そして欲しい人がいれば自分の「集客サイト(ブログなど)」へ呼んで、「決済サイト」を介して契約成立すれば「ウェブ上のコンテンツ」を渡すといった流れになります

 

その「情報」の「値段」については提供者が決めていいので

 

100円~高いものだと30万円とか50万円といった高額な商材も存在します

 

だから「怪しい」とか「詐欺」などと言われているのかもしれません

 

ネットで知らべると、「全然有益な情報じゃないのに50万円だまされた」といった記事がヒットします

それも影響しているのかもしれません

 

でも僕からするとちゃんと調べて、本当に自分が欲しい情報かどうかを見極めていないからそこにアンマッチができたんじゃないかと思います

 

そんな事を続けていると信用も落ちるのでどちらにせよ長続きできなくなりますし

 

ちなみに「自動化」というのは、ほっといていても欲しい人が買いに来るという「仕組み」を作ってあとは売るだけという状態にするから「自動化」と呼ぶらしいです

 

なぜ、「稼げる」のか?

 

「仕組みを1回作って、あとは自動化」するから稼げる

いわば「資産」を「置いておくだけ」なんです

 

というのはわかると思いますが、その中身はものすごく緻密な理論や戦略が詰まっています

 

これがすごいんです

 

詳しくは有料情報にもしている人がいるので言えませんが、

マーケティング、コピーライティングなどの技術がいっぱい詰まっています

 

「売る」為に、「集客」をして

「集客」した人達に「コピーライティングを活用した」「セールスレター」をして

「買わせる」為に「教育」をする

 

そのためにみなさんいろんな勉強をなされているみたいです

 

コピーライティングに関する記事はこちら↓

 

www.shunmaru12.me

 

 

www.shunmaru12.me

 

「稼げる」までには時間がかかる

 

この「コンテンツビジネス」で「月収100万円」とか「月収1000万円」と言った人もいるみたいです

かといって、「稼げる」ようになるには1年くらいは時間がかかるみたいです

 

「稼げるかどうかもわからない」みたいですね

 

ずっと、続けていかなければいけませんし、「集客」の方法も考えなければならない

 

「集客」しても買ってもらうための魅力的な「コピーライティング」の技術がないと見向きもされません

 

そこであきらめてしまう方が大多数なので軽々と「稼げる」とはいかないみたいです

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

まとめると、

 

まとめ

「コンテンツ」って何?…「コンテンツビジネス」においては「情報」

 

具体的な「稼ぐ仕組み」…「ニッチな情報」を「コンテンツ」にして「仕組み」を作って売る「自動化」をする

 

なぜ、「稼げる」のか?…「集客」をして「コピーライティングを活用した」「セールスレター」をして「買わせる」為に「教育」をする

 

といった感じになります

 

ちなみに今回参考にした本は

「あなたの知識、経験、情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」

という本です


 

 

この「コンテンツビジネス」において大切なことがあるらしいです

それは

「あなたのファン」にすること

です

 

現代において、「必要」だから買うという理由以外に買う理由は

 

「あの人から買いたい」

 

という買い方になってきているらしいです

 

「あのインフルエンサーが使っているからこの化粧品を買いたい」

「あのモデルが着ていたからこの服を買いたい」

 

いかにファンを作れるか?

 

それは別に

「外見」が突出していないとダメ

ということではありません

 

これからは

「内面」の共感をいかに得られるか?

が大切なのかもしれません

 

 

それでは、しゅんまるでした

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村