shunmaru’s diary

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

最強の成功方法 自分ごとで考える5つのパターン

 

f:id:shunmaru12:20200603231958j:plain

f:id:shunmaru12:20200417213020j:plain

こんばんは!しゅんまるです

みなさんは成果が出ないときや失敗したとき、人のせいにしていませんか?

 

「くっそー!!なんで俺のメルマガ登録してくれないんだよ!」とか

「全然インスタフォローしてくれない!なんでだよ!!」

 

って思った時に

 

失敗した言い訳はいっぱい出てくるんですよね

 

「あいつのやり方が悪いのか!?」

「インスタはもうダメだ、もう古いんだ!」

など

 

人のせいにしがちです

 

それよりも

「すべて自分ごとにしてしまった方が成功しやすい」

 

と言われています

 

さて、どういうことなのか?

を解説していきたいと思います!

 

この記事からわかること

◎成功しない唯一の原因

◎自分軸で考える5つの最強パターン

 です

 

ちなみに今回も

ジェームス・スキナー 「史上最強のCEO」という本を参考に書かせてもらいました


 

 

「史上最強のCEO」という物騒なタイトルで経営者にしか通用しないことばかり載ってるんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、一人のビジネスマンとして使えることばかり載っているので将来は「管理職」に就きたい方や「経営者」になりたい方にとってはバイブルになりうるような本です

 

是非じっくり読んでみてください

 

それではいきましょう

 

 

起こったことを人のせいにしない

 

これはあまたのビジネス本で言われていることなんですが

 

「『あいつのせいで』失敗した!など思ったとしても、相手のせいにしない方が絶対に成功する確率が上がる」

 

なんて書き方をされています

 

注意してほしいのは、これを表面的に鵜呑みにすると

 

「あいつのせいで失敗なんてしていない、俺がすべて悪いんだ…俺がやっとけばよかったんだ…」

なんて思考になり、めちゃくちゃネガティブ思考になって

ゆくゆくは「鬱」とかになってしまうのでやめましょうww

f:id:shunmaru12:20200603213213p:plain

じゃなくて、

 

「あいつが失敗したのか…うーん…じゃあ次失敗しないようにするために、俺ができることはなんだろう?

 

みたいに

 

「失敗やうまくいかないことに対して、相手を変えるよりも自分で何ができるか考えて、自分を変える方が簡単だ」

 

ということです

 

確かにこういう思考をしている人は成功していると僕も思います

 

なんでもそうですが、

「時間が無いから」「お金がないから」「俺は頭が悪いから」

やらないとか無理だと言ってる人は一生無理ですよね

 

成功の5つのパターン

 

では「自分ごと」で考えたときにどういったことを主に注意していけばいいのか?

なんですが

 

5つ!!今回紹介したいと思います

 

くどいようですが、「史上最強のCEO」からざっっっっくり解説します!

 

成功の5つのパターン

・怠けるな

・臆病になるな

・勉強しろ

・自己価値をつけろ

・自己制限をするな

 

 

です

 

 

怠けるな

 

やる必要のあることはやり遂げろ

「時計」で仕事をするのではなく「自分のコンパス」で生きるようにしろ

 

 

とおっしゃっています

 

最強になるために、世界一になるためには多少のムチャも必要なことなんだということです

 

例えば、僕の場合だと

会社で主任として結果を期限内に残さなければならないときもあります

 

そんなとき、突発的にトラブルがあっても

「まぁ今日はできないから明日でいっか!」

なんてことにはならないのです

 

結果を残すためには多少のムチャも必要なんです

 

「今日は絶対にやりきる!!」と思って「今日」を生きるとそういうマインドで仕事するようになりますし

多少残業してでもやりきります

 

つまり、「やりきりマインド」で仕事を取り組みなさいってことですね

 

臆病になるな

 

思い切った意思決定を恐れるな

失敗を恐れるあまり成功への決断をしないのはダメだ

 

 

とおっしゃっています

 

この本の具体例ではこう書かれています

 

「クジラ狩り」と呼ばれる大きな獲物を狙えと

「小魚」を釣れば1日はなんとか生き延びられるかもしれないが、明日もまた釣らなければいけない

でも「クジラ」を釣れば長い冬を越せるような食料が手に入るんだ!と

 

そして、その「クジラ」がどこにいるのかはみんなが知っているんだと

でも実際、船にのり、そこまで行って、モリをその「クジラ」に向かって投げる

ガッツがないだけなんだ、と

 

 

これ、なんだかすごく浮世ばなれしているなぁと感じたんですが、みなさんはどうでしょうか?

わかりますか?ww

f:id:shunmaru12:20200603221059p:plain

僕的には

よく芸能人がやっている「箱の中身はなんだろな?」が思い浮かびました

 

箱の中身がお客さんからは見えていて、「え~っ?!」とか言われながら

恐る恐る芸能人が箱の中に手を入れようとするんですが、中に何があるかわからないから思い切って突っ込めない!

自分が欲しいものが入ってるとわかっていても突っ込めない!みたいなジレンマ的な見方をしていました

 

こっちの方がわかりにくいですかね?ww

 

とにかく、「ここだ!」と思った時に勇気を持って、ガッツを出して、その場で行動できるか?が大切だということです

 

 勉強をしろ

 

すべてのやり方は「レシピ」通りにやればうまくいくんだ!と

儲け方、成功の仕方には「レシピ」が必ず存在する

それを知ろうとしない、勉強しないやつが多すぎるんだ、と

まったく同じやりかたやれば同じ結果が出るハズなのに勉強をしないから成功しないんだと

そして、学ぶべき相手を見つけて直接指導してもらえ!と

 

 

おっしゃっています

 

これは結構鮮烈な言葉が並んでいますね

 

でもここにもやはり本質的なことが載っています

「成功者から学ぶ」ことが一番大事なことなんだということは多くのビジネス書にも載っています

 

特に「情報」はお金を払ってでも買う価値がある、と

 

これはジェームス流にいうと、

「成功するレシピ」を買うということになるんじゃないでしょうか?

 

「成功者が成功するやり方を一番知っている」

当たり前のことなんですがビジネスのこととなると大体の人が自己流でやろうとする

 

それがダメなんだ、と

 

つまりは、受験に合格するためにお金を出して「塾」に入って、合格するやり方を習うことと同じなんです

 

学ぶこと、勉強をせずして成功はありえないということですね

 

自己価値をつけろ

 

自己価値をしっかり身につけなさい

みんな子どもの頃に劣等感や罪悪感を植え付けられます

学校の先生たちは「人生のメニュー」を見せつけはじめます

「大人になったら何になりたい?サラリーマン?OL?警察官?国家公務員?」

社会が用意したメニューの中から選びなさいという暗示をされるのです、と

 

 

おっしゃっています

 

確かにわかるー!!って僕は思いましたww

 

「人生のメニュー」なんて考えたこともありませんでしたね

 

確かにたいがいの人は学校に行っているときに将来「ノマドワーカーになる」とか「資産家になる!」とか「海賊王になる!」とか言ってませんでしたよね!?

f:id:shunmaru12:20200603224032p:plain

 

ここでは明確に「自己価値をつけるやり方」を書いてはいませんでしたが

僕が思うには

「自己価値を高めるために成功したいならなんでも自分軸で考えて、問題を解決していき、自信をつける」

ことなのかなぁと思いました 

 

自己制限をするな

 

自分のできることは「無限」である

でもなんでも自分でやろうとするな!

 

 

この文面だけみたら

「なんじゃそら」状態ですねww

 

「自己制限」とは「何でも自分でできると思ってしまって、自分でやろうとするうちに自分で限界を作ってしまう」ということらしいです

 

知識、経験、資金、人脈、技術…

 

すべて人が一人で行おうとするには限界があります

 

でも「すべて自分一人でする必要はないんだ」というリミットを外すことによってできる事は「無限」になる、と書かれていました

 

これは非常に大事な考え方だなぁと思いました

 

人間って、自分ができる人間だと思った時ほど人に頼りたくなくるんですよねぇ

 

僕も経験があります

 

主任になりたての頃は「主任なんだから全部自分で判断しないと…」とか「自分でできる事だから自分でやらないと…」などと思ってしまい

 

自分でできることをセーブしてしまっていたような気がします

 

今思えば手伝ってもらった方が2,3倍は効率よかったですし、自分一人の判断で取り返しのつかないことになる危険性だってありました

 

羞恥心や変なこだわりは捨てて、もっとも効率的に動ける、自分がしたいことができるようになるためにはどうしたらいいのか?を自分軸で考えろということです

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

まとめ

起こったことを人のせいにしない…失敗やうまくいかないことに対して、相手を変えるよりも自分で何ができるか考える方が簡単である

 

成功の5つのパターン…

・怠けるな

・臆病になるな

・勉強しろ

・自己価値をつけろ

・自己制限をするな

 

僕は「ブログ」をしているんですが、本業は会社員なので当然給料は時給で払われています

(厳密にいうともう少し昇給すると月給になるので変わりますが…)

 

この本書でも書かれていたんですが、

 

「時給」という考え方もおかしいんだ

「時給」なんて考え方をするから時間内に仕事をすればいい、という「時間」軸で働くようになってしまう「定時」なんて考え方を無くしてしまえばイノベーションは起こりやすくなるー。

 

 

的なことも書いてありました

 

「ブログ」を書いてマネタイズできている方はこの考え方はないのかな

なんて思いました

 

自分の書いた記事で価値をつけてもらって、対価としてお金がもらえる…

完全実力主義の社会です

 

これがこれからの時代当たり前になっていくと思うと、「副業」だとしても今、こうやってしていることもムダじゃないんだなぁと思いました

 

ちなみに、

この「史上最強のCEO」を読むなら

 

本を持って、触れて、ページをめくる

この手触りが僕は本当に大好きです

電子書籍ではなく、本で読んでいるのもそれが理由です

 

しかし、本のデメリットが1つだけあります

「ながら」読書ができないことですね

まぁ真剣に読むなら「ながら」するなよ!

ってところなんですが、

 

それをかなえてくれたのがこちらの「audible」です

僕は車通勤なんですが、通勤時間に40分かかっているので何か学習につなげたいな

と思っていたところに、この「audible」の存在を見つけました

 

これのいいところは車に「Bluetooth」で飛ばして聴けて、何万文字という本の内容を

「聴ける」というところです

 

声に出して読んでくれるので非常に頭に入りやすく、音読してくれる方も声優さんということで滑舌も完璧で「スッ」となじんで聴けます

 

「本は途中で飽きて読まなくなるんだよなぁ…」と思っている方も

「最近ちょっと本でも読んでみるかな」と思っていた人も

朗報です!!

 

しかも今なら、「無料」で聴けます!!

登録さえしてしまえば、1冊タダで聴けるので試しに聴いてみて、

「あぁやっぱりやめとこうかな…」と思ったら解約すればいいだけです

 

ぜひこの機会を逃さずに聴いてみてください!!

僕は通勤時にお気に入りの本を「ながら」聴きしています

 

 

では、またお会いしましょう!

しゅんまるでした!!

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村