しゅんびず

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

【コロナ禍から脱却したといえど】…これからの「日本の働き方」とは?<前半>

 

お金の話

f:id:shunmaru12:20200417213020j:plain

こんにちは!しゅんまるです

コロナ騒動により日本の制度のもろさが見えた感じがしますね

 

世界的にコロナが流行り出してきていたにもかかわらず、壊滅的な経済への影響まで出してしまった日本

 

その中でも

・個人への補助金配布

・事業者への補助金配布

などの救済はしていますが、弱さは露呈してしまったように思えます

 

が、過ぎてしまったことはしょうがないので、これから日本はどうするのか?ってとこを注目していきたいんですが

今回、ちょうどコロナが流行ったときにチラッと聞いた

「ベーシックインカム」という制度の重要性を語っている本を見つけました

 

それが今回参考にさせていただいた本

「お金の話し」著者:ひろゆき(西村博之)さん

 

です

 

非常に面白い発想ばかりで興味深々で読みました!!

なかにはだいぶ極端な意見も書いてあったりしたんですがww

 

その大胆な意見も紹介しながら書いていこうと思います

 

  • お金の価値って
  • これからの日本の働き方
  • 「お金の話」紹介

 

 それではいきましょう

 

 

 

お金の価値

お金の価値

 

本書ではものすごくざっっっくり解説してしまうと

・お金はいらない

・ベーシックインカムの推奨

という2点を重点に展開されています

 

この2点を踏まえたうえで僕なりに気になったところを紹介します

 

お金が欲しい理由

 

お金が欲しい理由は人それぞれですがひとつはっきりしているのは、お金がなくなったら怖いから、です

皆さんが本当に欲しいのは、「お金」じゃなくて、「安心」なんじゃないでしょうか

安心…つまり「不安を感じない状態」が欲しいんです

とあります

 

 

僕も昔そうだったんですが、親から言われた言葉は

「とにかく貯金をしてお金を貯める」

お金に関してはこれしか言われなかったので結構みなさんこの考え方を持っている人多いんじゃないでしょうか?

 

う~ん、確かにお金が死ぬほどあったら「労働」をしなくていいし、好きなことをして、好きなもの食べて、好きな場所にいって…って感じで「不安」はなくなりますね

 

逆にヒマになりそうですねww

 

サラリーマンなんかは特に

「なにかしていないとダメ」みたいな精神が染みついているので「なにもしない状況」は意外と苦痛だったりするのかも…?ww

 

ベーシックインカム

 

40代50代の正社員は一部の優秀な人を除いて、大部分はいらないのに法律上首が切れないから会社に居続けている

反対に、本来正社員になって能力を発揮すべき20代30代の若い優秀な人たちが社員になれないため、責任のある仕事を任されずに成長できない そうやってどんどん閉塞していってるのが今の日本社会です

それだったらいっそ「自由に首が切れますよ」ということにして、そのかわり首を切られたとしても、生活が困窮しないような仕組みにしてしまえばいいわけです

とあります

 

 

ベーシックインカム(BI)とは…

 

限定かつ特定条件に当てはまる人だけに給付することもBI(ベーシックインカム)と表現されることが多いが、それらは従来の社会保障と変わらない。

そのため、社会保障とベーシックインカムは混同されて語られることが多い(被災者への給付等)。

無条件で国民に一定の金額を給付するベーシックインカムはこれと区別するためUBI(Universal Basic Income)と表現されることがある。

 

国民の最低限度の生活を保障するため、国民一人一人に現金を給付するという政策構想。

生存権保証のための現金給付政策は、生活保護や失業保険の一部扶助、医療扶助、子育て養育給付などのかたちですでに多くの国で実施されているが、ベーシックインカムでは、これら個別対策的な保証を一元化して、包括的な国民生活の最低限度の収入(ベーシック・インカム)を補償することを目的とする。

 

       出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

本書が発売された2019年3月時点でこの考え方はスタンダードではなかったハズなんですが、そこはさすが世界情勢に詳しいひろゆきさん

2020年4月頃にコロナが流行った時にチラッと施行されるんじゃないか?って期待されましたよね

 

たぶん、コロナが流行らなかったら何十年先になるか、もしくは忘れ去られているんじゃないかと思います

そういった意味でも日本は遅れてますよね

 

というか日本人にこの考え方はなかなか厳しいでしょうね…

さきほども言いましたが、「働くことが偉い」みたいな精神なんでね

 

この考え方が変わらない限り法案は通らないでしょうねぇ…仕事したくないんですがww

 

 お金の使い方

お金の使い方

「複利」の考え方

 

若いときのお金って、歳をとってからのお金よりも、はるかに価値があるんです

「複利」という考え方があって、要は毎年元本に対して利子が加わるわけですが、その元本自体、毎年利子が加わって増えていくので、何十年という時間で見ると、かなり増えていくんですよね

 

とあります

 

「time is money」といいますが、時間は金では買えないのです

「若い」という価値は「時間的な価値」も含まれているのかもしれません

1ヵ月5万円を積み立てるとする

20歳から60歳まで40年積み立てたら2400万円貯まる

40歳から60歳まで20年積み立てたら1200万円しか貯まらない

お金で計るとわかりやすいですが、この20年の間にもっと人間的な価値が上がってもっとお金を貯められるようになるかもしれないんです

 

なので「時間」の価値は計り知れないんですね

ちなみに

よくお金持ちは「時間をお金で買う」ことをします

 

いやいや、さっき「時間はお金で買えない」いうてたやん!!

 

って言われるかもしれませんが、要は

「時間短縮につながるツール」は大金を出してでも買うってことです

 

電車で行くと3時間かかるけど、飛行機でいけば1時間で行ける

自分の業務を代行してもらうために人を雇う

 

みたいなことです

金持ちは「時間」の大事さをよく知っているんですね

 

バカな使い方

 

バカな人たちは、休日にお金を使いたがります

要は、「趣味がない人」が世の中に一定数います

空いた時間というのが、自分にとって「幸せな時間」ではなくて、「埋めなければならない時間」だと考えてしまう人たちです

そういう人たちはだいたい、時間を埋めるためにお金を使いたがります

中略

そういう人たちはお金が貯まりません

 

 とあります

 

あ、これ俺だ。

っていう人結構いるんじゃないかなと思いますww

何せ僕もそうでしたからww

 

今でこそ「ブログ」という至高の時間を過ごせているわけなんですがw

やっぱり「時間ができる」=「ヒマ」になるとその時間を埋めようとしますもんね

 

ムダな行動

買い物しに行って、目についたものを衝動買いする

探していたものが見つかったりして、買ってしまう

そうこうしているうちに夕飯の時間になって、めんどくさいから外食する

 

まぁ計画的に外出するならいいんですが、ヒマを埋めるためにこうなってしまうならお金は飛んでいくだけですよね

 

上記のスケジュールなら1日で1万~3万くらいは飛んでいくでしょう…

1日苦労して働いて5000円を稼いでいるのに、ヒマを埋めるために数時間で3万が飛んでいく…

 

これでお金が無いって…そりゃそうでしょ!って感じですね

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回はこのくらいにしたいと思います

 

共感するところが多すぎて書ききれませんww

 

まとめ

・お金の価値…

お金が欲しいわけではなく、「不安を感じない状態」が欲しいだけ

ベーシックインカムを施行して、優秀な若い人材をちゃんと世の中に出せる社会にする

 

・お金の使い方…

「複利」の考え方を持って、若いうちから「時間」の価値を知っておくべきだ

バカな使い方をしない、時間を埋めるためだけのお金の使い方はしない

 

余談になりますが、前回もひろゆきさんの本を紹介させていただきました

www.shunmaru12.me

 

この時にTwitter上でRTしていただけたんですが、そのあとのブログのPVがすごい伸びたんです

 

次回に書く内容につながるんですが、この時に「個の価値」というのは改めてすごいと思いました

これからの時代は「個の時代」です

 

あなたの働き方の概念が変わるかもしれませんよ

 

では、後半で!

しゅんまるでした

 

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

ちなみに

僕は最近になって本を読むようになりました

 

本を持って、触れて、ページをめくる

この手触りが僕は本当に大好きです

電子書籍ではなく、本で読んでいるのもそれが理由です

 

しかし、本のデメリットが1つだけあります

「ながら」読書ができないことですね

まぁ真剣に読むなら「ながら」するなよ!

ってところなんですが、

 

それをかなえてくれたのがこちらの「audible」です

僕は車通勤なんですが、通勤時間に40分かかっているので何か学習につなげたいな

と思っていたところに、この「audible」の存在を見つけました

 

これのいいところは車に「Bluetooth」で飛ばして聴けて、何万文字という本の内容を

「聴ける」というところです

 

声に出して読んでくれるので非常に頭に入りやすく、音読してくれる方も声優さんということで滑舌も完璧で「スッ」となじんで聴けます

 

「本は途中で飽きて読まなくなるんだよなぁ…」と思っている方も

「最近ちょっと本でも読んでみるかな」と思っていた人も

朗報です!!

 

しかも今なら、「無料」で聴けます!!

登録さえしてしまえば、1冊タダで聴けるので試しに聴いてみて、

「あぁやっぱりやめとこうかな…」と思ったら解約すればいいだけです

 

ぜひこの機会を逃さずに聴いてみてください!!

僕は通勤時にお気に入りの本を「ながら」聴きしています