しゅんびず

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

【工場の謎編】工場の「交代制」はキツイ?調整が難しい?

 f:id:shunmaru12:20200427145113j:plain

f:id:shunmaru12:20200417213020j:plain

こんにちは、しゅんまると申します!

 

工場で主任として、管理の立場で仕事をしています

 

改善額500万を達成した実績をもって

「仕事」、「ビジネス」というジャンルで発信しています

 

よろしくお願いします

 

 

なぜ、しゅんまるが主任になれたのか?は

こちらを見てください↓「プロフィール」

https://www.shunmaru12.me/profile
※この記事はセカンドサイトの「まえむきブログ」という
 サイトのリライト記事です
 わけあってこちらに掲載することにしました
 もし読んだことがある方は飛ばしてもらって結構です

今回は

 

工場の「交代制」ってきつくない?

 

という疑問に答えていこうと思います

 

たぶんこの疑問は

これから職を探している方で給料の面や働き方を調べている方がぶち当たる項目

なのかなぁと思うので該当する方はぜひ見ていってください

 

この記事のメリット

・交代制についての知識がつく

・自分の入ろうとしている職場のイメージが付きやすい

・もし職につけたとして、交代制についての対策ができる

 

ということでいってみましょう

 

 

交代制について

 

そもそも工場では基本的に、

「常(じょう)昼勤」「2交代制」「3交代制」「2直3班制」

(「2直3班制」に関しては会社によって言い方が違ってくるかもしれません)

という形態に分かれます

 

・「常昼勤」…毎日昼勤務形態、主に事務の方が中心です

 

・「2交代制」…「昼勤」と「夜勤」という形態

1日を12時間に割って同じ職場で2つのチームのように分かれ

それぞれ交代で作業をする

 

・「3交代制」…「昼勤」「昼夜勤」「夜勤」という形態

1日を8時間に割って同じ職場で3つのチームのように分かれ

それぞれ交代で作業をする

 

簡単に説明するとこんな感じになります

 

一番ややこしい「2直3班」

 

この「2直3班制」というのがどういう時に導入されるのかというと

主にめちゃくちゃ忙しい職場に採用される勤務形態です

 

僕も経験しましたが、勤務形態や、給料の計算の仕方、時給換算などが変わってしまうので少し難しかったのを覚えています

 

ここは後で説明しましょう

 

 

2交代制の特徴

 

「2交代制」の特徴といえば「夜勤」がある事ですよね

 

たぶん、今まで「夜勤」をしたことがない方が一番気になるのがここだと思います

 

「夜勤」の僕なりの対策も後で提案しています

 

まず、「夜勤」の時間帯についてです

 

「2交代制」の「夜勤」は前述でも書きましたが

12時間交代なので、「残業」が発生する時があります

 

おもに夜9時~6時くらいまでが定時になります

(ここも会社によって違うので一概に始業時間などは同じとは限りません)

そして、定時を超えたらそこからが残業となります

 

僕の会社は「夜勤」の場合のみ

「早残業」というシステムがあります

 

夜9時~10時までの1時間が「残業」扱いになり

朝7時~8時30分までが「後残業」という扱いになっています

(もちろんここも、会社によって違うと思います)

 

つまり

 

「2交代制の特徴」

・「夜勤」がある

・「残業がある」

 

 

3交代制の特徴

 

次は「3交代制」についてなんですが

1日を8時間に割るので

1日を3班で回すという事です

 

「2直3班制」とは違うのは

「1日の中で3班で回す」という点ですね

 

A班…8時間 B班…8時間 C班…8時間

 

という配分になっています

 

「夜勤」があるのも特徴なんですが、「3交代制」で一番の特徴は「昼勤」「夜勤」でもない

 

「昼夜勤」という時間帯が存在していることです

 

f:id:shunmaru12:20200427140138p:plain

 

ここも会社によって違うとは思います(時間帯など)

 

つまり

「3交代制の特徴」

・「夜勤」がある

・「残業」がない

・「昼夜勤」がある

 

 「2直3班制」の特徴

 

この2直3班はまれにしかないのでそこまで詳しい話はしませんが

 

例えば、

形態の話しをすると、3班に分かれて(仮にA、B、C班という名前にしましょう)仕事をします

 

そこで1日目が

A班→「昼勤」 B班→「夜勤」

となっているとして、じゃあC班の人たちはどうしているかというと

 

おやすみしています

 

じゃあ今度は例えば

 

B班→「昼勤」 C班→「夜勤」

をしているときはA班は

 

おやすみですww

 

図で説明するとこうなります

f:id:shunmaru12:20200427130217p:plain

 

あくまで一例ですので会社によって違うと思います

このあとの周期はまた違う班がスライドして2週間周期でもとに戻るといった感じです

 

「2直3班制の特徴」

・「夜勤」がある

・周期が決まっているようでややこしい

 

 

「交代制」のつらさ

 

ここでようやく「核」の部分に触れたいと思いますww

 

「交代」する時の体の調整の仕方です

 

たとえば、「昼勤」→次の日が「夜勤」に切り替わる時は

 

夜に仕事にいくまでの間がお休み状態になるので

一時的に休みが増えたような感覚になります

 

ですが、

他の人が働いているときに休んでいるという事は

他の人が休んでいるときに働かなければならないという事です

 

つまり

日中に寝なければならないんです

2交代制の職場に入った人はここが一番悩ましいところだと思います

 

そこで今回は参考程度に僕が実践した対策を教えようと思います

 

夜勤の前の「寝る方法」

「寝る環境」

・カーテンは「遮光カーテン」でぐっすり

 

カーテンはかならず「遮光」にしましょう!

 

ガンガンに日が当たっているところで寝ることほど

ストレスを感じるものはないですよね

 

なので「遮光」は必須です

 

たとえ窓からベッドが遠く離れていても目をつぶると少しの光があってもまぶしいと思います

 

経験上は必須ですね

 

・できればリビングから離れたところで寝る

 

これは家に家族がいる方が対象です

 

いつもは寝静まっている家の中ですが

他の家族は活動しているので生活音がどうしても気になります

 

なので、いつもは寝室で寝ている方でも

リビングや家族が主に活動している場所からできるだけ離れたところで寝た方が

絶対良質な睡眠が得られます

 

ほんとにちょっと茶碗が触れたり、テーブルに置く音だけでもうるさく聞こえるのでそこは徹底した方がいいと思います

 

「上手な寝方」

・「お酒の力」は借りない 

 

お酒を毎日飲んで寝ている方が居ると思います

 

夜勤明けでこれをしてしまうと

最初はぐっすり寝られるんですが、

そのうち「お酒の力」がないと寝られない体になっていくので

余計につらいです!!

 

しかも

「交代制」なので昼勤もしているとなると

体がパニックになって

 

体は疲れているのに「お酒の力」で脳は覚醒状態になって

ほんとに寝付きにくくなります

 

ウチの職場でもそういった方が実際にいます!

なのでやめましょう

 

それでも不安な方は…

 

昼から眠れない!!という方もいるでしょう

そういう方は「睡眠導入剤」をちょっとだけ飲んでみるという方法がいいと思います

 

「睡眠剤」ではありませんよ!

 

これもクセになってだんだん眠れなくなるんじゃないか、

という心配があると思いますが、お酒よりはマシだと思います

 

眠れないまま仕事に行くよりは絶対にいいと思います

眠れないまま仕事に行ってもいい事は何もありません

 

夜勤なので、日中眠くなるよりもっと眠くなります

 

仕事もままならなくなるのでそれくらいなら少し飲んでぐっすり寝て

体調を整えた方が絶対にいいです!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

まとめ

 

交代制は、「常(じょう)昼勤」「2交代制」「3交代制」「2直3班制」という形態に分かれている

 

「2交代制の特徴」は、「夜勤がある」 「2交代制は残業がつく」

 

「3交代制の特徴」は、「夜勤がある」 「残業がない」 「昼夜勤」がある

 

「2直3班制の特徴」は、「夜勤」がある 周期が決まっているようでややこしい

 

「交代制のつらさ」は、昼勤→夜勤へ切り替わりの時の調整である

 

「日中寝る為」には

・カーテンは「遮光カーテン」

・リビングから離れたところで寝る

・「お酒の力」は借りない 

 

どうしても寝られないなら「睡眠導入剤」でぐっすり寝る

 

 

調整に悩む方は多いようなので

参考にしてくれれば、不安が少しでも解決できたなら幸いです!

 

【工場】に関する記事はこちら↓

www.shunmaru12.me

それでは、しゅんまるでした

 

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村