しゅんびず

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

【初心者向け】「ブログを書くということ」~⑤SEO対策編~

 

SEO対策編

 

こんにちは、しゅんまるです!

 

さて8月連休企画

 

第5弾は「⑤SEO対策」です

 

 

 

さて、終盤にさしかかってきましたね

よろしくお願いします

 

今回は

「SEO対策の中でも有効なもの」というテーマで

ご紹介したいと思います

 

 

それでは早速いきましょう!

 

⑤SEO対策


④書き方を解説しました


読者にとって優しい記事の書き方をしていけば
多くの人から読まれる記事になりますよ~ということでしたね


ただ、検索エンジンから検索されるようになるための対策

「SEO対策」というものがあり

 

SEO対策は何が有効か?ということは、はっきり決まっていませんが

知識として覚えておいてくださいということもお伝えしました

 

そこで今回は

「SEO対策」の中でもこれは有効である

といわれているものを

いくつか紹介したいと思います

 

それではいきましょう!

 

SEOの仕組み


簡単ですが、SEOの仕組みを解説します

 

SEOの仕組み
 

①クローラーと呼ばれるロボットがサイトを巡回します


②集めたデーターを収集して保存する(インデックス)

 

③そしてその集まったデーターを元に表示するランキングづけをする

(スコアリング)

 

 

この3パターンからなっています


ではここで

何がどうなったら有効な手段と言えるのか?というと


クローラーが巡回するときに

リンクがあると非常に有効だといえるということです

 

自分のサイト内にいっぱい記事が存在しているとしても、

リンクでつないでなかったら

クローラーは巡回できなくなってしまいます

 

なので記事の存在を知らせるためにも

リンクをいっぱい貼って、クローラーにいっぱい巡回してもらって

情報を集めてもらうことが有効な手段となります

 

ではその手段とはどんなものがあるのかというと

 

 

・被リンク 

 

・内部リンク 

 

・見出し

 

 

という3点です

 

被リンク

 

被リンクとは

外部リンクのことです

 
あれ?でも外部にリンクしちゃったら
自分のサイトを巡回してくれないんじゃないの?

 

と思われるかもしれません

 

「被リンク」は「信頼性の評価」でも有効なものなのです

 

 

「被リンク」数がたくさんある=

いろんな人から信頼性のあるサイト

有益な情報のあるサイトだと認識されている

 

 


という評価がされるため有効だということです

 

被リンクには2種類のリンクがあります

それは

 

・ナチュラルリンク

 

・スパムリンク

 

というものです

 

ナチュラルリンク

 

ナチュラルリンクとは

SEOの評価向上が見込める被リンクのことです

 


「言及」などとも言われますね

 

あなたのサイトにある情報はとても有益なのでぜひ使いたいです!
リンク貼らせてください!

 

ってな感じで貼ってもらえる


これが「良質な被リンク」と言われるものです

 

この「ナチュラルリンク」を獲得する方法としては

 

寄稿

 

があります

 

この寄稿は「お互いのブログにお互いの記事を載せ合うこと」です

僕も一度めいpapaさんに寄稿させていただきました

 

寄稿記事

meipapa.info

 

はじめての経験でしたし、連絡を取り合って打ち合わせをする

なんてことはしたことがなかったんですが

 

めいpapaさんがリードしてくれたおかげでなんとかできました

 

寄稿はとてもい経験になりました

被リンクまで獲得できるので非常におススメです

 

もしよかったら「寄稿」しませんか?
こんなブログでよかったらよろしくお願いします

 

スパムリンク

 

スパムリンクとは

自作自演で設置したリンクや
公序良俗に反したサイトからのリンクのこと

 

スパムリンクは良質なリンクに対して

質の低いリンクとして評価されてしまいます

 

・ただひたすらにリンクを貼り付けまくったサイト

 

・リンク先の売買などによって被リンクをもらう

 


これは完全に評価を下げてしまうことなので気をつけましょう!

 

内部リンク


では次に内部リンクについてです


これは前述したとおり、

自分のサイト内をクローラーが巡回してもらうために

ページ同士をくっつけて巡回しやすくしてあげることです

 

内部リンクとして有効ななのが

 

 

・パンくず

 

・ヘッダー

 

・フッター

 

・サイドバー

 

・本文内

 

 

などです

 

よく見かけるのが「本文内」にリンクを入れてあるのを見かけませんか?

 

内部リンク

www.shunmaru12.me

 

これはSEO対策として行っていることなのです

  

 

なんでこんなにリンクしまくるんだろう…?

リンクに飛ばないと詳細が知れないからめんどくさいんだよなぁ…

 


って僕も最初は思ってたんですが、SEO対策なのです

 

とにかく内部リンクのコツは

 

memo

 

・わかりやい位置に仕掛ける 

 

・どのページからどのページへも行けるくらいつなげてあげる

 

これが大事になってきます

 

見出し


最後に、「見出し」についてです


見出しで重要なことは2点あります

 

 

・タグの設定

 

・キーワード選定

 

です

 

タグの設定

 

この「タグの設定」で重要なことは
タグの設定を間違って設定しませんか?ということです

 

タグ

 

このような記事の最初にくるのが「タイトル」と呼ばれるものです
このタイトルのタグは<h1>という表記です 

 

検索したときに最初に目につくところですね

ここが大事なことはよくわかると思います

 

そして、記事本文

ここでは「はてなブログ」で説明しますが、

ブログを書くときにこのような項目使っていると思います

 

見出しのタグ

 

ここでは<h1>は使うことはできません(タイトルで使用しているため)

 

なので<h2>からしか使用できないんですが、

ここで間違って設定している人が多いということです!

 

ちなみに、<h2>のタグは「はてなブログ」ではノーマルで使えなくなっています

この記事を参考にすると<h2>タグを使用できるようになります

 

Chrome拡張機能で<h2>タグ

www.notitle-weblog.com

 

 

僕も始めたての頃は順番が関係あるとはつゆしらず

 

<h3>タグの方がデザインがカッコいいからこれにしよ~

 

みたいな感じでめちゃくちゃに使ってました…


しかし通常、こういう風に使っていくほうがSEOに有効です

 

タグの使い方



複数の見出しサイズを正しい順序で使用すると

コンテンツの階層構造が作成され

ユーザーが記事内を移動しやすくなるためだそうです

 

つまりは「ユーザーファースト」の部分を評価される

ということですね

 

キーワード選定

 

キーワード

キーワード選定とは

検索するときに入力されるワードのことです


記事を書くときにユーザーの検索するワードを

先読みしてそのワードに対する「悩み」を解消するため

記事を書くということです

 

少しややこしいので例を挙げます

 

Aくんは「仕事の人間関係」について悩んでいます

 

するとAくんは、検索エンジンで

「仕事 人間関係」という検索ワードで検索します

 

この時の「仕事 人間関係」というのが

「検索キーワード」と呼ばれるものです

 

この「キーワード選定」はとても奥が深いです

 

先ほどの例は極端な例にしましたが、たとえば

「仕事場の人間関係の何に悩んでいるのか?」

などで検索ワードは変わってきます

 

その読者の検索意図も読み取って

キーワードを選定しなければならないので

 

初心者には難しいです

(僕もあまり考えないようにしています)

 

キーワードで何が有効か?

 

みんなが検索している、人気のある検索ワードは何か?

 

など調べるツールもあります

 

キーワードプランナーの使い方

www.shunmaru12.me

 

でも最初はあまり考えなくていいと思います

 

 

 

 いかがでしたでしょうか?

 

今回は「⑤SEO対策」として

 

・被リンク

 

・内部リンク

 

・見出し

 

 

の重要性について解説しました

 

次回は「⑥本を読む意味」になります

 

では、また次回お会いしましょう!

しゅんまるでした!

 

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村