しゅんびず

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

【管理職はイライラすると損をする?!】人にイライラするのは「期待値」が高いせい

 

人にイライラするのは期待値が高いせい

 

こんにちは、しゅんまるです!
突然ですが、あなたは仕事の時すぐ人に対してイライラする方ですか?

 

僕はそこまでイライラする方ではありません。

 

なんでそんなにイライラしないの?!仙人みたい!

 

とか言われますが、逆に僕からするとなんでそんなにイライラしているのかがわかりませんでした。なので今回なぜイライラするのか?を分析してみました。

 

すると、イライラしている人の共通点と、仕事においての結果にも影響してくることがわかりましたので僕なりに解説していこうと思います。

 

 

この記事は普段からイライラしているあなたにとってイライラしていることによってどのようなデメリットがあるかを書いています。

 

それでは早速いきましょう!

 

イライラするのはなんで?

 

そもそもイライラするのはなぜなんでしょう?

 

僕が思うに2つあると思ってます。

 

ギャップからくるもの

思うように進まない

 

それぞれ解説します!

 

ギャップからくるものである

 

1つ目は、ギャップからくるものです。

 

自分が思い描く理想の形と現実との乖離が広がっているときです。

もっと簡単に説明すると、たとえば

 

部下に仕事をお願いするとします。

 

「これやっといて」

「わかりました!」

…と渡した資料がいつまでたっても出てこない…

 

「あれどうなったんだ?!」

と聞くと、「すいません、ここをどうすればいいか悩んでいて…」

という回答が来たときですね。

 

たぶんそんな時にイライラが爆発しちゃうんだと思うんですよ。

 

こういう時って仕事をお願いした上司の視点から説明すると、

「この仕事なら、これくらいの期間でできるな」

って思いながらお願いするハズです。

 

この「これくらい」と軽く見積もった計算を狂ってくるとイライラするんですね。こういう人は仕事ができる人にありがちなこと、もしくは自分に甘く、他人に厳しい人のパターンですね。

 

思うように進まない

 

2つ目は、思うように進まないことに対してイライラするパターンです。

 

イライラパターン

作業中に話しかけられる

緊急ではない電話をとられる

何度やってもうまくいかない

 

 

 1つ目のギャップに似ているんですが、自分が思っているペースより遅れが生じる焦りに対して感じるイライラということです。

 

僕が唯一イライラすることがあるといえば、この手のパターンですね

 

自分がやりたいと思っていたことを、上からのしょうもない仕事で時間を盗られることがイライラします。

 

たとえば、

上から「今月の売り上げがこうなった時と、こうなった時の両方資料作っといてくれ!」みたいな仕事…

 

こういうのが一番無駄ですね。確かにシミュレーションは大事なんですけど…

「念のために…」とか「上司がこう言ってきたときのために…」

みたいなのが一番無駄です。

 

このように自分が思い描くペースで進んでいない状況にイライラしてしまうんです。

 

抑えるべき?解消するべき?!

 

抑えるべき?

 

ここまでストレスの原因を解説したんですが、では結局イライラをどうすればいいんでしょうか?

 

それは抑えるべきであるという1点です。

 

イライラを人に対してぶつけている人は周りから見てどう見えていると思いますか?

 

デメリット

あの人はやっかいな人だ…

すぐイライラするから仕事のことを聞けない…

できるだけ近づきたくない…

 

 

そう思われています。

人から頼まれなくなって、本当のことを言われなくなってしまいます。

 

一度こうなってしまうと、信頼が無くなるので評価も下がります。

 

じゃあイライラしないようにするためには?

 

イライラしないためには?

 

イライラしたくてイライラしている人はいないと思いますが、その対策はどうしたらいいの?っていうと

 

人に過剰に期待をしない

 

ということです。

 

解消法を教えてよ!

 

って思うかもしれませんが、イライラは解消されません。

イライラする理由をつぶして、イライラしないようにするのが一番手っ取り早いからです。

 

具体的にはどうするかというと、

 

 

前述した「イライラするのはなんで?」という章にもあるとおり、すべて「ギャップ」からイライラが発生しているんです。

 

なのでその期待値を下げてやればいいのです。

 

例えば、さっきの例「資料作っといて」なら

 

「これくらいの期間でできる」という期待値を10→5くらいに落としてあげればいいのです。

 

「思うように進まない」なら

 

「これくらいのペースでやる」という期待値を10→5くらいに落としてあげればいいのです。

 

そのうえで、仕事を間に合わせるために期間を多めに設定しておけばいいんです!

 

これがイライラしない方法です。

 

ちなみに、僕は基本的に人に期待をしていません。

 

これはとても冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが、真意を突いていると思います。

 

この仕事の締め切りは9/30か。じゃあ僕のところへ届くのは9/25くらいに設定して、その3日前にはできているかの声をかけようかな?

 

なんて考えながら余裕を持ってお願いしています。

 

イライラするのは、基本的に「できる前提」で人にお願いするからなんです

そのギャップをいかに自分の許容範囲で抑えられるか?がイライラしないことにつながります!

 

管理職ともなると、自分でできることの範囲は決まってしまいます。

いかに部下に仕事を任せられるか?で仕事の進むペースが変わります。

 

イライラしてしまって、仕事を頼む方も、頼まれる方もお互い気まずくなって仕事に支障が出てしまってはもったいないことです。

 

イライラしないことが気持ちよく仕事を進める大前提だと思ってください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

【管理職はイライラすると損をする】人にイライラするのは「期待値」が高いせい?!

についてお送りしました。

 

まとめると、

 

memo

 

イライラする原因は、2つ

・ギャップからくるもの

・思うように進まない

 

イライラしたときは「抑えるべき」である。

それは人からの信頼、評価が下がってしまうから。

 

イライラしないためにはどうすればいいか?

・ 人に過剰に期待しない

 ・人にお願いするときの期待値を下げるということ。

 

 です。

 ぜひあなたも「他人に甘く、自分に甘く」なってみてください!

 では、またお会いしましょう!しゅんまるでした!

 

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

しゅんびず - にほんブログ村 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村