しゅんびず

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

「もう仕事で緊張しない!!」頭が真っ白にならない為の【3つの超簡単術】!!

 

f:id:shunmaru12:20200510120749j:plain

こんばんは!!仕事で緊張してしまって、何も考えられない…頭が真っ白になる…これって俺、私だけ?!って思う人いませんか?僕は思ってました どうも!しゅんまるです

 

 

僕の場合は入社して1年目は毎日緊張してました

朝起きてから、朝食を食べているときから「ドクッ…ドクッ…」

車で出社しているときも「ドクッ…ドクッ…」

会社に着いたら「バクッ!バクッ!!」

 

まさに月並みですが、「心臓が飛び出るんじゃないか?!」と思わんばかりでした

 

「みんななんでそんな普通な顔して仕事に行けるんだ?!」と思いながら

でも、周りの人に悟られたくないので相談もできず我慢して行っている

 

そんな状態のあなたにピッタリの記事にしたいと思います

 

この記事のメリットは

 

メリット

◎解決策がわかる!

◎仕事が怖いのはなんで?

◎なんで緊張するのか?

◎緊張=ストレスなの?

 

がわかります♪

 

これらの問題を取り除くのは簡単です

そして取り除けた時あなたは自信満々で仕事ができています!

 こう考えるとワクワクしませんか?

 

それではいってみましょう!

 

 

 

 解決方法

解決

まず、結論を言ってしまいます

 

◎自分が緊張していることを知る

◎うまくやろうとしない

◎メモを取る

 

です

 

僕が提案することは「テクニック」ではありません

いわゆる、「手に『人』という字を10回書くと落ち着く」みたいなことはしません

 

心理的に真相を知って、そのうえで「受け入れる」という方法です

1つずつ解説していきましょう

 

自分が緊張していることを知る

これは「自分が今どういう状態にいるのかを客観的に見る」ということです

 

「ああ、今自分は緊張しているな」と受け入れて

「そりゃそうだ、これで緊張しないやつはいない」「緊張しているように見られているのかな…別にそう見られて何が悪いんだ!」

と、開き直ってしまいましょう

 

「緊張する」ということはいろんな感情が混ざっていることです

失敗したくない、笑われたくない、恥をかきたくない…

 

それは「誰でも起こることなんだから、緊張するのは当たり前だ」と開き直ることでポジティブに解釈し、出来事が終わった時のダメージを減らすやり方です

 

うまくやろうとしない

 これは「その出来事に対して、がむしゃらに取り組む」ということです

 

どういうことかというと、前述でも書きましたが、人は「恥をかきたくない」などの感情が起こります

 

これは「成功して当たり前のことなんだからできないと…」「あの人はできているんだから自分もできないと…」

 

と、未来の「できなかった時のこと」を先回りしてネガティブに考えすぎている状態です

 

僕もしょっちゅうあります

なんなら今でもありますww

「あれー?…こういう時ってどうやったんだっけ…?次俺の番じゃん…どうしよ~…」

ってできなかった時のことを考えて一人ドキドキしているときがありますww

 

なので、「できなかったら、教えてもらえばいい」くらいに思うことです

 

メモを取る

 

これは「なんで?」と思われるかもしれませんが、つまり

「メモを取っておいてそれを見ながらやる」ということです

 

「当たり前だろ!」と言われそうですが、

これ、意外とやっていない人多いんです

 

メモを取ってはいるけど、発表の時、作業の時、本番で使わないって方が多いんです

 

「緊張するくらいなら本番でもさらけ出しちゃえばいいのに!」って思います

 

先が見えなくなった時ほど怖いことはありません

道しるべとなる「メモ」を堂々と広げて、光の方向へ突き進みましょう!

 

f:id:shunmaru12:20200510115029j:plain

緊張=ストレス?

ところで

「緊張することってストレスがかかっていることでしょ?だったら緊張するような挑戦はやめといた方がいいかも…」

 

といって、挑戦することをあきらめてしまう人がいます

 

それは違います

 

これは持論ですが、挑戦することも、緊張することも「慣れて」きます

挑戦=緊張=ストレス

と安易に結びつけてほしくないんです

 

僕も昔そうだったんですが、ものすごく「緊張する性格」だったので

挑戦することをあきらめていました

 

「僕みたいな性格では大きなことは成し遂げられない…どうせ失敗するんだからやめておこう」と

 

でも、失敗することは当たり前なんですよね

 

子供のころ、自転車に初めて乗るとき緊張しませんでした?

でも転びまくっているうちに乗るのが当たり前になっていたでしょ?

それと同じだと思うんです

 

大人になると挑戦する「機会」自体が減ります

当然慣れていないので「緊張」しますね

 

「自転車が乗れないからストレスだわぁ…」なんて子供いませんよね?ww

 

当たり前なんです!

 

挑戦をしていかない限りは慣れはない=緊張もし続ける

小さな挑戦を積み重ねていってください

 

一概に「緊張=ストレス」だとは言えないということです

 

仕事での「ストレス」に関する記事はこちら↓

 

www.shunmaru12.me

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

まとめると

まとめ

◎解決策がわかる!…

・自分が緊張していることを知る

・うまくやろうとしない

・メモを取る

 

◎仕事が怖いのはなんで…次のやるべきことがわからなくなるから

 

◎なんで緊張するのか…失敗したくない、笑われたくない、恥をかきたくない…いろんな感情が混ざっているから

 

◎緊張=ストレスなの…一概にそうとはいえない、挑戦していくことで慣れていくことができる

  

ちなみに「怒られるから」というのも1つの要因だと思います

結局それも

「失敗したら」怒られる

「うまくできなかったら」怒られる

と同じことです

 

どうせ怒られるなら攻めていきましょうよ!!

「私はまだわからないからメモを見ながらやります!悪いですか!?」

くらいなカンジでいっちゃいましょう!!

 

「知るは一時の恥、知らぬが一生の恥」

という言葉があるように

 

その場で収まる事だけ考えるより、未来のことを考えて明るい失敗をしちゃいましょう!

 

それでは、しゅんまるでした

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村