しゅんびず

これまでに現場で年間改善額500万を達成してきた私が、「これは役に立つ!!」と思える本を自分のノウハウを交えて紹介していくブログです!

【「大きな嘘の木の下で」より】管理職とは○○であれ!一流になるためには?

 

こんばんは!しゅんまるです。最近、読ませて頂きました!!「大きな嘘の木の下で」!!

 

この本はあの有名な「OWNDAYS」社長 「田中修治」さんが書かれた、書籍出版2冊目の本になります

 

僕は田中さんを初めて拝見したのは、中田敦彦さんのYoutubeで対談の動画があったんですが、そのコンテンツを見て知りました

 

www.youtube.com

 

中田さん目的で見させてもらったんですが、とても語っている内容が面白くて引き込まれたのを覚えています

「社長として自分が広告になっちゃえばいい~」

みたいなことをおっしゃっていたと思うんですが、考え方が斬新で面白い人だなぁと思ってました イケメンだし✨w

 

なんかスタイリッシュでかっこよかったのを鮮烈に覚えています

 

その動画のちょっと後に本を出してることを知って、買いました

「破天荒フェニックス」


 

 

 一番最初買った印象は

「分厚っ!!?」「そんでビジネス書じゃないんかいっ!!?」

でしたww

 

まさかの小説だったのがちょっとがっかりしたのを覚えてますw

 

でも、フィクションとは思えないほどしっかり綿密に書かれていて専門用語などいっぱい出てきていました

少し僕は「池井戸潤」的な小説の感覚で読んでました

 

まぁ事実に基づいたフィクションということなので当たり前なのかもしれませんが

 

ストーリー事態もとてもワクワクして感動するような、男なら震えるようなシーンがいっぱいでてきてめちゃくちゃ面白かったです!

 

「こりゃドラマ化されるわっ」

って思いましたね

 

何が言いたいんだって?

 

はい、今日はただの感想と僕のミーハー具合をさらけ出すだけの回ですよ?

それが何か?ww

 

というのは嘘ですから

 

今回は「大きな嘘の木の下で」を読んでの感想と、共感できた部分をレビューしていきたいと思います

 

この記事からわかること

◎しゅんまるのミーハー具合w

◎「大きな嘘の木の下で」のあらすじ

◎【最後に】共感した部分

 

それではいきましょう

 

 

 

「大きな嘘の木の下で」

 

いやぁ、読みましたよ

今回も小説かと思いきや、今回はしっかりとしたいわゆる「ビジネス書」になっていましたね

田中さんの「仕事の本質」から「思想」までがふんだんに詰め込まれている印象でした

 

本書は、いわゆる「子どもの時に大人が教えてくれた常識」みたいなことを大人になった田中さんが「これって嘘だよね?」というような感じで疑問を呈していく

そんなビジネス書であります

 

6つの「嘘」

 

6つのチャプターに分かれていて

1.幸福論のウソ

2.お金論のウソ

3.仕事論のウソ

4.成功論のウソ

5.人生論のウソ

6.経営論のウソ

というウソについて言及しまくりであります

 

各章ごとにいろんな「田中イズム」が載っているんですが、こんな一文が載っていました

 

こうやって本として社長の思いを発信することも大事な仕事だ

 

読み進めていくうちにわかってくるのが、やっぱりこの本は世の中のビジネスマンに向けてというよりは

自分の会社で働いている社員に向けて書いた本なんだなぁと思いました

 

その証拠に各章で「OWNDAYS」のいろんな社風や社内制度、規則などが載っていてそれに対して「なぜこれをこうしたのか?」みたいなことが書かれていました

 

「選挙で人事を決める」「会社の中をテレビゲーム化する」「社内で取引できるツール(アプリ)を開発する」

 

これを読んで、僕は正直

めっちゃ羨ましかったですね

 

だって、社長がこんなに有名で、柔軟で、面白くて、しかも会社の中も楽しそう…

めちゃくちゃ嫉妬しまくりですよ!w

この会社で働いたらどうなるんだろうなぁ…なんて想像しながら読んでました

 

田中さんは本書でこうも書かれていました

 

今の時代は品行方正にすべてをクリアにしていかないとダメな時代になってる

 

人事制度や昇進制度、就業規則にいたるまでいろんなことに改善をしている様子でした

 

そのなかで一つ気になったところがあったのでそこを紹介して、さらに僕なりの意見も付け加えさせてもらって終わりにしたいと思います

 

CHAPTER6ー経営論のウソーより

 

社員の不満を解消しようとするのは無駄

 

残念ながらスタッフ(社員)の不満を解消しようと、いくら努力をし続けても、そのほとんどは徒労に終わり、何も根本的な解決には結びつかない

中略

会社にとって一番大事なのは、関わる人たちの不満を取り除くことではなく「納得」してもらうことなのだということに

 

 

ということが書かれていました

 

僕はこの言葉に「はっ」としました

僕は経営者ではありませんが、部下を持つ身であるので当然「不満」だったり「心配事」というのは付きものだったりします

いままで結構「不満」とか「心配事」を「解決」できていたと思っていたんですが、よくよく考えるとそれは

 

相談してきた人が「納得」した結果だったのかも…?

 

ということに気付きました

 

僕は以前「部下の困りごとを聴いて、それを改善することが信頼を得る」という記事を書きました

 

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

 



 

それが間違っているとは思いません

でも、それを改善したところで田中さんが言っている「不満は無くならない」でしょう

 

改善したことがその人にとって「納得できたか、できなかったか?」でも結果が変わるのかもしれないということに気付きました

 

たとえば、Aくんの「困りごとを聴いて、改善した」とします

でもその「改善した内容」が粗末な結果だったとしても、Aくんは「納得」しているんでしょうか?

 

たぶんAくんは

「ありがとうございました」

としか言わないと思うんです

 

そこで「よし、改善したから効率も上がったし、不満は解消されただろう!」と思ってしまったら、それ以上Aくんは「困りごとを積極的には言ってきてくれない」と思います

 

だから、「困りごとを改善」したあとが大事なのかも…?

ということに気が付かされました…

 

「困りごと」を改善してから、

「ここどう?どれくらいやりやすくなった?まだやりやすくなりそう?」

というフォローをいれることでまた会話が生まれる

 

決して

「やりやすくなっただろ!?」

という態度ではダメです

それでは結果的に

「ありがとうございました」

で終わっちゃうので、

「どうすればもっと良くなる?」

みたいな感じで質問するのがベストだと思います

 

大変勉強になりました!!

みなさん、何でもフォローが大事ですよ!!ww

 

「困りごと」の大事さを書いた記事はコチラです↓

www.shunmaru12.me

 

 人に期待するのをやめる

 

僕は、人に期待しないようにしている。社員に期待しない。取引先に期待しない。奥さんにも子供にすらも期待しない

 

これは僕はめちゃくちゃ共感できましたね!!

「そうそうっ!そうですよね!!」とか思いながら読みましたww

 

あの…これ、誤解してほしくないんですがめちゃめちゃ冷たいとかそういうわけじゃないんですよ!

詳しくは本を読んでほしいんですけど、僕もこれなんです

 

過去の記事にも僕は「期待をしていない」って書いたと思うんです…(もう忘れましたが…w)

 

この真相は、

「期待値のズレから人は負の感情が出てくるからズレを生じさせないためにしていること」

なんですよ

いわば、「予防線」みたいなことです

 

たとえば、

奥さんが一生懸命働いて家に帰ってきた

そこで今日は一段と疲れたので少し休憩してから夕飯の支度をしようと思っていた

けど、旦那さんの方は今日は少し早く仕事が終わったからウキウキで足早に帰った

しかし、まだ夕飯の支度が出来ていない

 

ここ「期待している人」はこう思います

「なんで夕飯ができてねーんだよ!帰ってきてそのままじゃねーか!?なんであいつの方が早く帰ってきてるのに何もしてねーんだ!?」

 

でも、「期待してない人」ならこう思えます

「あー、まぁ俺が今日はいつもより早く帰ったんだし奥さんも疲れてるんだからしょうがないか

ってな感じですね

 

期待をするからハードルが一段上がった状態になっているんです

期待しなければ地面からスタートなんで別に何も気にすることがなくなるんです

 

だからいつも感謝できますよ!w

 

期待していない状態なら

さっきのシュチュエーションで、もし奥さんが頑張って作ってくれていたら

「うわぁーーー!すげぇ!よく頑張ってくれたなぁ!!ありがとう!!今日は洗濯は俺がやるよーーーー!!!」

ってなるんですよww

 

これが社員だとしたら、

「えーーーーっ!!!?任せてなかったのにやってくれたのーーーーー!!?すげーじゃん!!ありがとうーーーー!!!期待してなかったのにーーーーー!!!」

ってなります(最後の一文は言いませんがww)

 

なので、過度に期待をしすぎるのもよくありません

期待している=ここまでは絶対にやってくれているという当たり前が存在している状態

なので、みなさんも期待しないでおきましょう!

 

ゼロ思考が一番です!!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

まとめ

「大きな嘘の木の下で」…あらすじ紹介(最高です)

 

CHAPTER6ー経営論のウソーより…

 

社員の不満を解消しようとするのは無駄→

「納得してもらう」ことが大事

 

人に期待するのをやめる→

「期待している=ここまでは絶対にやってくれているという当たり前が存在している状態」だからやめよう

 

本書の帯で

何故、世の中でこれほど「成功にまつわる本」が売れるのだろうか?

それは読んでも成功しないからだー。

という言葉が載っています

 

田中さんは本書の中で

成功から得るものなんて何もない

本当に必要なのは「失敗したこと」なんだ

「失敗から」しか人は学ぶことはない

とも語っておられます

 

今回のこの「大きな嘘の木の下で」を読んで

僕の会社にも同じようなことを言えるなぁと思いました

 

人が失敗したこと、設備が故障したことに関して

2度と同じことがないようにするにはどうすればいいか?

を徹底的に深掘りして、対策していく

 

これを繰り返している職場なのでやっぱり「失敗」ということは大事

そして「なぜ?」と考えることが「成功」へつながる道なのかもしれないと改めて思いました

 

まだまだ伝えたいこと、感想があふれ出てくるんですがこの辺にしときます

たぶんこの思いをいちいち書いていたら3万文字とかいっちゃいそうなのでこのへんで!


 

 

ちなみに

僕は最近になって本を読むようになりました

 

本を持って、触れて、ページをめくる

この手触りが僕は本当に大好きです

電子書籍ではなく、本で読んでいるのもそれが理由です

 

しかし、本のデメリットが1つだけあります

「ながら」読書ができないことですね

まぁ真剣に読むなら「ながら」するなよ!

ってところなんですが、

 

それをかなえてくれたのがこちらの「audible」です

僕は車通勤なんですが、通勤時間に40分かかっているので何か学習につなげたいな

と思っていたところに、この「audible」の存在を見つけました

 

これのいいところは車に「Bluetooth」で飛ばして聴けて、何万文字という本の内容を

「聴ける」というところです

 

声に出して読んでくれるので非常に頭に入りやすく、音読してくれる方も声優さんということで滑舌も完璧で「スッ」となじんで聴けます

 

「本は途中で飽きて読まなくなるんだよなぁ…」と思っている方も

「最近ちょっと本でも読んでみるかな」と思っていた人も

朗報です!!

 

しかも今なら、「無料」で聴けます!!

登録さえしてしまえば、1冊タダで聴けるので試しに聴いてみて、

「あぁやっぱりやめとこうかな…」と思ったら解約すればいいだけです

 

ぜひこの機会を逃さずに聴いてみてください!!

僕は通勤時にお気に入りの本を「ながら」聴きしています

 

 

では、またお会いしましょう!

しゅんまるでした!!

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村